このサイトでは、自動車保険について、総合的な解説を試みています。

知っていそうで以外に知らない・・・自動車保険の仕組みについて

このエントリーをはてなブックマークに追加

自動車保険を易しく解説

大きく分ければ、保険は2つの種類になります。
一つは、生命保険であり、もっとも簡素な形は、死亡時に保険金が下りるものです。
もう一つが、損害保険であり、損害賠償が発生するような時に、補償金が支払われるようになります。
また、今では、その中間である第三分野保険があり、医療保険の類が該当します。
このサイトで取り上げる自動車保険は、そんな保険の種類の中でも、損害保険に該当します。
交通事故などを起こした時に、補償金を支払うようになり、もちろん、支払うばかりでなく、支払ってもらうケースもあります。
保険と名が付いているように、もしもの際に利用するもので、事前に準備をしておくものというものとなっています。
保険料などは、事故率などで決められ、なおかつ、加入者の年齢なども鑑みられるようです。
けれども、自動車保険にも、種々のものがあり、どれに加入すべきか迷ってしまうこともあります。
あるいは、もしもの際の備えであっても、自動車を所有していても、あまり乗らないという人もいることでしょう。
ペーパードライバーという言葉がありますが、そこまでいかなくても、週に一二度の運転で、しかも、近くのデパートまでしか行かないというのであれば、自動車保険に加入している意義がないのでは、と思ってしまうかもしれません。
高い保険料を支払っていれば、非常に無駄に感じてしまうかもしれません。
確かに、自動車に乗る回数がそれ程でもないのに、数万円の保険料を毎月支払っていれば、全体的にみれば、コスト高となるでしょう。
しかし、自動車保険には、加入する意義があり、そうであるからこそ、保険会社から提供されてもいます。
では、一体、自動車保険とは、どういうものなのでしょうか?
このサイトでは、そんな自動車保険を総合的に解説しています。
可能な限り平易な言葉遣いに勤め、なおかつ、全体を網羅できるように、大事な点をピックアップしています。
どこまでお役に立つかわかりませんが、末永くお読みいただけるようであれば、幸いです。
Copyright (C)2016知っていそうで以外に知らない・・・自動車保険の仕組みについて.All rights reserved.